Stiff Slack

Releases

ENEMIES
We've Been Talking

ENEMIES - We've Been Talking

STIFF SLACK / STSL-50/STSL-51
release date: 2010/06/20
format: VINYL+CD(STSL-50) | CD(STSL-51)
price: VINYL+CD 2,200yen | CD 1,890yen (tax incl.)

sold out

1. Backaches & Cardigans
2. Nag Champa
3. Fierce Pit Bosses
4. Gabbi Gabby
5. Gingerly
6. We've Been Talking
7. Creamist
8. Piano
9. Morse Code

推薦文 :
初音源でもある前作"Alpha Wave EP"発表から約2年。Enemiesの世界観は更に凝縮、ある部分では洗練され、1stアルバムとして完成した。
遙か遠いアイルランドから奏でられる良曲の数々。卓越した楽曲アレンジと耳に残って離れないメロディセンスに僕は激しく嫉妬する。必聴。マストBUYであります。
山嵜廣和 (toe)

about this relelase/band :
昨年/'09年に行われたジャパンツアー(toe主催)でも充分なインパクトをオーディエンスに与えたアイルランド産インストポストロックバンド"ENEMIES"のファーストアルバム。
繊細な旋律をレイヤーに乗せることによってメロディーを湧き上げさせる煌びやかな2本のギターリフレインを軸に楽曲を展開、ドラマティックかつセンシティブに構築させているが、さらにトリッキーでポリリズミックな変拍子、ギタリストのタッピングプレイや不協和音、高揚感を掻き立てる荘厳な轟音パートやツインドラムの曲など様々な演出や仕掛けも随所に組み込まれた高レベルなバンドスタイルを確立している。
絶大な人気を誇る同系統バンドtoeとの共鳴や、90年代後半以降に台頭したPELEやGHOSTS AND VODKA、THE MERCURY PROGRAM、FROM MONUMENT TO MASSESなどの先代のインストポストロックバンドの佇まいを継承しつつも、現存するバンドとのタイムラインもしっかりと共有してるリスナーが最も求めているサウンドタイプを具象している。

RIYL : toe, PELE, GHOSTS AND VODKA, AMERICAN FOOTBALL, UNWED SAILOR, THE MERCURY PROGRAM, TRISTEZA, RUSSIAN CIRCLES, SLEEPING PEOPLE...

» artist info: ENEMIES