Stiff Slack

Releases

MICHAEL NACE
Measured In Leagues Of Joy

MICHAEL NACE - Measured In Leagues Of Joy

STIFF SLACK / SS-09
release date: 2004/02/14
format: CD
price: 2,000yen (tax incl.)

» buy 

1.Blue Canvas Sky
2.Scary Days
3.Second World Blues
4.The Lame Shall Enter First
5.Life of a Shoe
6.Damsel
7.In the Valley of Someplace Else
8.You Have a Way
9.Fragile
10.Yearling

Michael Nace(マイケル・ネイス)、アメリカはフィラデルフィアのシンガーソングライターです。彼はとても静寂で神聖的なメロディーメイクをしています。ささやくように歌われる歌声、アコースティックな質感に、ピアノや音響の所々の絶妙な味付けなど、そこにある音の全ては、とにかく美しくて、優しくて・・・。それこそニック・ドレイクやティムー・ハーディン、ジェレミー・エニグ、エリオット・スミスといった先代であろうアーチストの作品をも想起させてくれます。「Measured in Leagues of Joy 」も彼らの作品と同等の気高い領域へたどり着いたことは間違いない。もちろん単なるコピーではなく彼の自由な音楽発想が所々に組み込まれていている事も当然。やはりというか、この流れは間違いないものと確信してしまうのですが、彼はDRILL FOR ABSENTEEというポストHC/マスロックバンドに在籍していました。そこで奏でる音はFUGAZIやHOOVERを彷彿させる陰りや混沌といった形容が当てはまります。解散後の彼の突然変異は偶然にして必然であろうと確信する方も多いはずです。ルー・バロウ、デビッド・グラッブス、ウィル・オールダム、TORTOISE、TRISTEZAなど近年の音楽発展劇然り。今回のレコーディングはGeoff Turner をプロデュース(初期DISCHORDの名バンドGRAY MATTERに在籍し、JAWBOXやHOOVER、ジェフ・バックリー、リズ・フェアーなどの作品も手がけるプロデューサーマンとしても有名)に、ゲストプレーヤーにVin Novara (ex CROWNHATE RUIN, THE SORTS) 、Joe McRedmond (ex HOOVER, CROWNHATE RUIN, THE SORTS) といったDISCHORD~DC人脈を迎えて製作されました。マイケルが絶対に信用したバックバンドの面子です、音の説得力、コンビネーションは一聴して感じ取れます。あくまでもマイケルのバックに徹している所も心憎い!

*このリリースはライセンスリリースではありません。STIFF SLACKのオリジナル作品ですので同内容のアメリカ盤などは存在しません。

» artist info: MICHAEL NACE